作成支援・代筆の可能な文章

正社員登用課題論文、正社員志望理由

スマートフォン用対応ページへ
 国内の厳しい経済情勢や雇用情勢を反映して、多くの方が準社員や契約社員、有期雇用契約社員、アルバイト、そして派遣社員など様々な形の非正規雇用で働いておいでです。アルバイト社員から契約社員や準社員へ、準社員や契約社員から正社員へ、派遣社員から直接雇用正社員へ、わずかでも正規雇用に向けてのチャンスがあれば、それをしっかり掴み取りたいと考えるのは自然なことです。

 しかし、正規雇用化、一般的に言うと正社員登用に向けての企業側が設けるハードルは、極めて高いと言わざるを得ません。そのハードルのひとつとして課されるのが、志望理由や志望動機、課題小論文です。なぜ非正規雇用から正規雇用になることを希望するのか、その理由や動機など判り切ったことですが、その本音を書いていてはとうてい企業側から合格点はもらえません。「正社員志望理由」、「正社員としての抱負」、「正社員となって取り組みたいこと」、「正社員としてどう働きたいか」など、どういう表現になっているかは企業によってさまざまですが、要するに、「あなたを正規雇用にしたら、会社にどう貢献してくれるのですか?」と、企業は問うているのです。
 給与・待遇のことなど書くべきではありませんし、それは書かなくても判り切ったことです。自分の遣り甲斐とか、仕事の面白さとかいったことも二の次です。自分は会社にどう貢献できるのか、自分は会社にどう役立つのか、役立とうと考えているのか、そういう建前を書くのが、この種の文章の本質です。そこを勘違いしてはいけません。
 代筆サービスでは、その原理原則を踏まえた上で、お客様が従事なさっている具体的な職務の実態や職場状況なども交えた、説得力のある志望理由・志望動機、課題小論文を作成できます。

お客様の声