作成支援・代筆の可能な文章

進学・就職 推薦状・推薦書・推薦文

スマートフォン用対応ページへ
 ここで言う推薦状・推薦書・推薦文とは、もちろん、ご本人の上司や指導教授、友人知人など第三者による推薦の文書であり、その推薦の文章を企業や教育機関、会員制団体などに提出するもののことです。欧米ではこうした推薦の文章は非常に重視されます。推薦する人は、自分の信用をかけて書くと言われるほどです。
 日本ではそれほどではありませんが、進学や就職・転職、各種奨学金の支給・返済免除申請などに際して、提出を求められることが多くなっています。

 この種の推薦状・推薦書・推薦文でもっともご注文やお問合せの多いのが、推薦状を頼んだら「原案を自分で作って来い」、「サインだけするから本文を自分で書いてきて欲しい」と言われた、といったケースです。
 推薦者本人が書くのにも苦労がともなうのに、その原案なり草稿を、推薦される人自身が書かなければならないのですから、その困惑は察するにあまりあります。

 推薦者であれ、被推薦者であれ、ともかく推薦状を書く必要に迫られた人が困るのが、まずその書式・様式でしょう。大学教授など職業的に推薦状を書き慣れた人なら、そういうことはありません。しかし、たとえば通信制大学への入学を希望する部下から、その大学への推薦状を頼まれたという上司の方などは、まずそれで戸惑うようです。
 ただ、これはあまりたいした話ではありません。ネット上を検索すればそういう書式・様式はいくらでも見つかります。書式・様式だけでなく、一般的な内容も記載されていますので、そういう見本を利用するのもひとつの方法です。
 しかし、そういう見本はあくまで形式的かつ一般的な内容でしかありません。文章に具体性がないのです。とにかく何でもいいから出せば良いという程度の推薦状なら別ですが、説得力のあるものをお望みの場合は、お勧めできません。

 代筆サービスでは、推薦されるご本人に関するデータはもちろん、推薦者となる方の考え方なども含めた詳細なデータを、お客様から引き出し、説得力のある推薦状・推薦書・推薦文を作成いたします。
 上記のような、「推薦状を頼んだら、原案を自分で作ることになった」というケースでも、十分、作成は可能です。
無料添削とアドバイスの過去の事例から、推薦状・推薦書・推薦文に関して第三者にも役立ちそうなものを集め、読みやすく整理しました。

推薦状・推薦書・推薦文の書き方を教えてほしいというご要望が多いので、幾つか当サービスなりに気づいた点をまとめてみました。

お客様の声