文章内容の代筆なら【代筆サービス】

挨拶文・祝辞・スピーチ原稿
式典・記念誌などの挨拶文・祝辞の作成支援/代筆が可能です。

前へ
次へ
トップ > 代筆が可能な文章 > 挨拶文・祝辞・スピーチ原稿

式典・記念誌 挨拶文・祝辞・スピーチ原稿
代筆・作成代行・作成支援が可能です。

 

自分らしい個性的なものをという悩み

 創立○○周年記念式典、入園・入学式、卒業・卒園式、受賞記念パーティ、結婚披露宴など、あらたまった席での挨拶やスピーチを求められた時、二つ返事で引き受けて、何の苦もなくこなしてしまう、という方は少ないはずです。
 また、創立○○周年記念誌や、社内報などに寄稿を要請されて、困り果てたという場合もあるでしょう。自分自身の人生の節目にあたって、何か区切りとなる挨拶の文章を関係者に送りたいという時も、かなり考え込んでしまうものです。
 型通りの挨拶や祝辞なら、見本はいくらでもありますが、できれば、自分らしい個性的なものにしたい、独創的で心のこもったものにしたい、などと思うからです。
 

形式と個性のバランスが取れた挨拶文

 そして、「でも何を書けば良いのか適当な材料が見つからない」「文書をうまく構成できない」「格調ある文章を書けない」といったことで悩むわけです。
 代筆サービスでは、上記のいずれの場合も、ご注文をお受けします。お客様個々の事情やお考えを丁寧にお尋ねし、適切な材料を引き出した上で、一般的な事例も考慮しながら、バランスの取れたわかりやすい文章、スピーチ原稿などを作成します。
  

スピーチ原稿の文字数決定はお客様ご自身で

 なお、当然のことですが、スピーチ原稿の場合、同じ文字数でもお客様のお話しになるスピードによって所要時間は変わります。○分間相当でまとめてほしい、といったご指定ではなく、できれば文字数のご指示をお願いいたします。
 目安としては、1分あたり300~350字というのが代筆サービススタッフの判断ですが、これに関しては責任を負いかねます。
 ご自身がどのくらいのスピードで話すのか、スピーチしたいのか、それを念頭に、適当な例文を使って、腕時計でも見ながら読み上げてみれば、必要かつ適当な文字数はわかります。読み上げてみる例文は、身近にある新聞記事の文章などでよいでしょう。朝日新聞なら9行で約100文字です。
 
お客様の声

企業情報など

   
ページのトップへ戻る