文章内容の代筆なら【代筆サービス】

サービス見本1の3 その他のリライトサービス
視能訓練士 大学病院へ転職する際に提出する志望動機書

前へ
次へ
トップ > 実績例とサービス見本 > サービス見本1 > サービス見本1の4
 

サービス見本1の4/その他のリライト見本
視能訓練士が大学病院へ転職する際に提出する志望動機書

 代筆サービスの関連サイト■無料添削とアドバイス に投稿された文章をもとに、投稿者とのやり取りも踏まえて、当サービスなりの考えでリライトしました。
 投稿者とのやり取りは納得いくまでしたとは言えませんので、投稿者の真意にそったものかどうか確信はありませんが、こういう用途のこういう文章を当サービスが作成するとこうなる、という参考にはしていただけるでしょう。
 投稿者がお書きになったリライト前の文章と、投稿者と当サービスのやり取りは、■無料添削とアドバイスの 転職用志望動機・自己PR 質問者/きゃらをご覧ください。
  

大学病院側の志望動機書提出指示文

 質問投稿者とのやり取りでは、これが明確にはなっていませんが、単に志望動機書を出すということのようでしたので、それを前提に、当サービスなりの考えで作成しました。
 執筆者は、現に民間病院で視能訓練士として勤務する女性です。
 

代筆サービスがリライト(作成)した文章

 私は高校時代に、軽い斜視だった従兄弟の治療の話で、視能訓練という特殊な仕事を知って関心を持ちました。従兄弟や彼の両親が感謝する様子を見て、自分もそういう仕事に就きたいと思い、高校卒業後、医療技術専門学校の視能訓練士科に進学して資格を取得。これまで約8年間、県内の中規模民間病院の眼科で視能訓練士として働いてきました。
 人々の目の健康をチェックし、不十分な機能を引き出したり失われた機能を回復させたりする仕事はとても遣り甲斐がありますが、勤務先病院は高度医療機器が十分に揃っているとは言えず、眼科の特殊外来診療科もないため、検査業務が中心でした。また、重症例の患者さんでは、他の医療機関に紹介せざるを得ないケースが少なくありません。その治療結果は紹介先からの報告書で知るしかなく、せっかくご縁のあった患者さんの治療や視能訓練に、最後まで関われないことを常々残念に感じてきました。また難しい症例の患者さんの訓練に関与できないことは、自分自身の視能訓練士としてのスキルアップも妨げていると感じるようになりました。
 貴院は県内最大の基幹病院であり、県の眼科医療の中核を担う病院です。緑内障手術を中心に年間1000例にもおよぶ手術の実績があり、アイバンク活動にも積極的に取り組んでおいでだと聞いています。言うまでもなく、眼科医療においても優れた技量と豊富な経験をお持ちの医師による、高度な治療が実施されているはずです。また、私は学生時代、貴院で実習をさせていただいた経験があり、その際の教員やスタッフの方々が患者さんに非常に丁寧に接しておいでの様子を拝見し、その雰囲気の良さが強く印象に残っています。
 そういう貴院の眼科でならば、今の勤務先病院では途中で転院していただく他なかった難しい症例の患者さんの治療にも最後まで関わることができ、自分の成長もめざすことができると考え、ぜひ貴院で働きたいと志望する次第です。

企業情報など

   
ページのトップへ戻る