文章内容の代筆なら【代筆サービス】

サービス見本2の3 個人別模範文例/Q&A式代筆サービス
ゲーム開発会社就職志望 自己推薦文

トップ > 実績例とサービス見本 > サービス見本2の3
 

サービス見本2の3 個人別模範文例/Q&A式代筆サービス
ゲーム開発会社就職志望 自己推薦文

  代筆サービスの関連サイト■無料添削とアドバイス に投稿された質問などをもとに、投稿者とのやり取りも踏まえて作成しました。
 コンピュータ専門学校でプログラミングを学び、ゲーム開発会社への就職を希望する卒業見込みの学生の方が、就職希望先に提出する自己PR(推薦)文です。やり取りなど詳細は省きます。
 

代筆サービスが作成した文章

自己推薦文
 私は高校生の時、親に買ってもらったPCを使って簡単なグラフィック表示プログラムを作ってみたことがある。緻密さを要求される作業プロセスに苦労する同時に、それをやり遂げて、自分が作ったプログラムが思っていた通りに動くことがとても面白く、本格的にプログラミングを学ぼうと考えて、今のコンピュータ専門学校に入学した。
 ゲームシステム科を選択したのは、自分がゲームに親しんで育った世代であることと、ゲームという世界で人やものを自由自在に動かすことができるプログラミングに強い興味を持っていたからである。そして自分も将来、多くの人に親しんでもらえるようなゲームづくりに参画したいと考えたのだ。その初志を貫き、この2年間は2進数、8進数、16進数、sin、cos、tanなどなど、あまり得意とは言えなかった数学知識に理解にも努め、自分なりに精一杯プログラミングの知識を学び、スキルを身に付けた。インストーラーなどの簡単なツールなら比較的簡単に作れるようにもなった。仕様変更への対応やバグ探しなど、根気のいる作業にも真剣に取り組んだ。プログラマーの卵としては、恥ずかしくない知識と技能を習得したつもりである。
 ゲーム制作は、プロデューサーやコンテンツ作者、プログラマなどの多くの人間がチームを組んで進める共同作業だと思う。その時、大切なのはやはりお互いの間の円滑な意思疎通である。相手の考えを理解し尊重すると同時に、自分の考えも相手に判りやすく説明することが重要だ。相手が何を求めているのか曖昧なまま、チームの一員としての自分の作業を進めることは、後で大きなトラブルにつながりかねない。私はPCオタクなどではなく、日本語コミュニケーション認定試験で2級を取得するなど、他者とのコミュニケーションもしっかりとできる人間である。
 以上のことから、必ず貴社のゲーム開発チームの一員として貢献できるものと確信し、自己推薦する。

企業情報など

ページのトップへ戻る