文章内容の代筆なら【代筆サービス】

代筆サービス
サービスの種類とレベル/選ぶための考え方

トップ > 代筆サービスの種類とレベル > サービスの種類とレベル/選ぶための考え方
 

代筆サービスの種類とレベル
選ぶための考え方

 サービスの種類とレベルをどう選ぶかお迷いの方、種類とレベルの仕組みがよくお判りにならない方は、下記をご参考にどうぞ。
 ただし、あくまで参考であって、お客様ご自身でご判断をお願いします。当サービスとして、どのサービス種類が良いとか、どのサービスレベルが適当であるとかいったお勧めは致しません。
 また、お選びいただいた種類やレベルの通りに、ご注文をお受けできるとは限りません。お問合せ時に、確かなお返事を差し上げます。
 (下記の行頭の数字記号は考えるための順序を示すものではありません)
1.代筆サービスから納品させていただいた文章について、お客様のお考えに添ってさらに修正を希望なさる場合は、一般代筆サービスをお選びください。
  修正はお客様ご自身でなさる場合は、個人別模範文例提供サービスをお選びください。
2.お客様ご自身で草稿を書き上げておいでで、その内容にある程度の自信をお持ちの場合は、リライトサービスをお選びください。「内容にある程度の自信をお持ち」というのは、大幅な書き変えは必要なく、しっかりと添削する程度で良いとお考えの場合です。
  ただし、この場合の草稿とは、完成をめざす文章に近い内容と体裁を持つ、近い文字数のものです。箇条書きやアイデアの列記は、当サービスでいう草稿には該当しません。反対に完成文字数の数倍もの文字数を持つ文章も、資料扱いとなり、当サービスでいう草稿には該当しません。
 草稿があっても、場合によっては、あるいは代筆サービス側の判断によっては、大幅な書き変えもしてほしいという場合は、Q&A式代筆サービスをお選びくださるほうが良いでしょう。
3.進学や就職にあたっての志望動機・志望理由や一般的な昇格課題論文などで、創作代筆サービスをお選びになるのはあまり現実的ではありません。たとえ創作代筆サービスをお選びになっても、これらの文章はお客様ご自身の経歴や考え方、将来志望に関する話ですから、代筆サービスからはかなりのお尋ねをしますし、それにご回答いただく必要があります。
 もちろん、志望動機・志望理由や一般的な昇格課題論文であっても、お客様ご自身の経歴や考え方、将来志望などあまり関係がない、という場合は、創作代筆サービスをお選びになっても良いでしょう。昇格課題論文でも、いわゆるケーススタディ課題なら、これに該当します。
 さらに言えば、たとえ本来はお客様ご自身の経歴や考え方、将来志望に関する話であっても、敢えてそれと無関係で良いから創作してほしいとお考えの場合、またQ&A式代筆サービスでも良いが、的確な回答が出来ない、回答に自信がないから、積極的に創作的に補ってほしいという場合なら、創作代筆サービスの選択もありでしょう。

企業情報など

ページのトップへ戻る