文章内容の代筆なら【代筆サービス】

法科大学院・ロースクールへの進学
志望動機・志望理由、課題論文の代筆・作成支援

前へ
次へ
トップ > 代筆が可能な文章 > 志望動機(志望動機書) > 進学・編入学 > 法科大学院・ロースクール

法科大学院・ロースクールへの進学・入試出願
志望動機、志望理由、課題論文の代筆・作成支援

 

大学院淘汰と入学定員減でかえって狭き門に?

 法曹人口の拡大と法曹の質の維持をめざした司法制度改革の一環として、2004年に創設された法科大学院。司法試験予備校で学ぶような受験技術偏重の学習ではなく、多様な人材を対象とする新たな法曹養成制度、欧米のロースクールに近い存在として期待され、多くの志願者が殺到しました。
 志願者数そのものは当時ほどではなくなりましたが、今も法科大学院を経て法曹になろうと挑戦する人は少なくありません。また、制度導入当時に全国で多数開設された法科大学院も淘汰が進み、入学定員数の削減などもあって、入学はかえって狭き門になったと言えるかも知れません。
  

6000字のステートメントを要求されるケースも

 この法科大学院の入試出願でも、相当量の文字数の志望動機や志望理由、課題論文が要求されます。当サービスの過去の受注事例では、「大学院側からは6000字が目安と指示されているのだが…」と困惑なさっているお客様もありました。
 自己申告書、ステートメント、パーソナルステートメントなど呼称は様々ですが、要するに単なる志望動機・志望理由ではなく、自己評価や自己アピール、入学後の学習計画、めざす法曹像などの記述が求められます。単に弁護士志望とか検察官志望とかいうだけでなく、たとえばどのような分野を専門とする弁護士なのか、その理由は何かといったことまで記載するよう指示されます。
  

未修者でも相応の法的素養は求められる

 いわゆる未修(法学未修者課程)の場合なら、法的専門知識は求められないとは言え、かりにも法曹をめざすものが書く文章ですから、法律に関する基礎的認識や一般水準以上の社会常識の有無は問われるでしょう。社会人なら自分の経歴との関連性もうまく記載することが期待されます。
 また、法学部生が卒業後にそのまま法科大学院進学をめざす既修(法学既修者課程)なら、在学中の学修内容なども記載を要求されるケースもあるようです。
 文字数が多いだけに、執筆に困難を感じる人が多いようですが、代筆サービスではこうした文章の代筆、作成支援もお受けできます。かなりのメールのやり取りは必要ですが、丁寧で緻密なお尋ねを繰り返してお答えいただき、それぞれのお客様にふさわしい文章を作成します。
 
進学・編入学志望動機(理由)詳細ご説明
   
お客様の声

企業情報など

   
ページのトップへ戻る