文章内容の代筆なら【代筆サービス】

大学社会人入試
志望動機・志望理由・課題論文の代筆、作成支援

前へ
次へ
トップ > 代筆が可能な文章 > 志望動機(志望動機書) > 進学・編入学 > 大学社会人入試

大学社会人入試
志望動機・志望理由・課題論文の代筆・作成支援

 

社会人経験を踏まえて書く難しさ

  民間企業や地方自治体などで働く社会人の方、主婦として家庭を支えてきた方、早期退職をなさった方などが、新たな生き方を模索して、あるいは雇用条件や待遇の改善を求めて、大学に進学・編入学しようとなさるケースが増えています。少子化時代を迎えて、大学側もそうした志願者を積極的に受け入れています。
  しかし、その出願の際に提出を求められる志望動機・志望理由や課題論文は、社会人に相応しい、それなりの内容や表現が期待されます。「社会人としての職業経験と志望動機を含めた自己推薦書」などというものを要求されるケースもあります。書くほうでも、自分の経歴・履歴、人生観などとと深く関わることですから、うかつな話は書けず、苦慮なさる方が多いようです。
  

執筆者の経歴・経験と整合性の取れた志望動機・志望理由

  新たな人生の目標や、その実現のために学ぶべきことが明確になっていればいいのですが、そうでない場合も多いでしょう。そのために、これまでの経歴・履歴との整合性の取り方、合理的な動機や理由の述べ方に困っているという話もよく聞きます。社会人らしく、ということを意識し過ぎるあまり、当たり障りのない綺麗ごとや、単なる理想論になってしまっている文章もよく見かけます。
 こうした執筆者の個人的事情、履歴や経歴、ものの考え方が深く関わる文章は、代筆サービスがもっとも得意とするものです。お客様への丁寧なお尋ねを繰り返し、そのご回答をもとに、説得力のある志望動機や志望理由、大学側の要求に的確に応える論文を作成します。
   

専門性の高い課題文の作成もお受けします

 他方で、大学薬学部などの社会人入試では、自分が将来めざす薬剤師像などを問う小論文が課され、当然それには現代日本の医療事情なども絡んできますから、一定の知識も必要です。心理学系統の学部への進学をめざす方も多く、その場合の志望動機というのは自分自身の経験と密接に関わる場合が多いようです。代筆サービスでは、こうした課題論文も問題なくお受けすることができます。
 
進学・編入学志望動機(理由)詳細ご説明
   
お客様の声

企業情報など

   
ページのトップへ戻る