文章内容の代筆なら【代筆サービス】

獣医学部・獣医学科への進学・編入学
志望動機・志望理由、課題論文の代筆・作成支援

前へ
次へ
トップ > 代筆が可能な文章 > 志望動機(志望動機書) > 進学・編入学 > 獣医学部・獣医学科

獣医学部・獣医学科への進学・入試出願
志望動機、志望理由、課題論文の代筆・作成支援

 

自分のペット飼育体験からどう論旨展開するか

 獣医学部や農学部獣医学科、動物応用化学科などへの出願理由、志望動機で多いのは、志願者自身の小動物や伴侶動物の飼育体験などが関係する場合です。子供の頃、可愛がっていた犬が病気になって獣医に世話になった、ペットが死んで悲しみに暮れる人が身近にいた、といった話です。それが志望動機になるのは自然なことですが、そこから話を展開できず、立ち往生する形になる人が少なくありません。
 自分の子供の頃の体験と、将来は保健所など公的機関に就職したいという希望をうまく結び付けられなかったりするのです。仕方なく、大学のホームページに書いてあることを受け売りで書いたり、ほぼ丸写ししてみたりするケースもあります。「本学科を志望する動機」、「動機となった背景」、「将来の抱負」などと区分して書くように指示されて、困っているという声もよく聞きます。
  

社会的ニーズなども踏まえて志望動機などを作成

  人間相手の医療・医学を志していたが、やむなく獣医学の道を選ぶことにしたという場合も、書き方に困るようです。
 しかし、いずれも問題ありません。落ち着いてじっくりと考えれば、合理的で説得力のある志望理由、志望動機は作れます。代筆サービスの担当者には、伴侶動物の役割が重視されるようになった社会の動向、あるいは鳥インフルエンザ、豚インフルエンザなどの人獣共通感染症といった問題などに関する知識も十分に持っています。その基礎知識を踏まえて、お客様への丁寧で的確なお尋ねを行ない、その考えや志向を引き出します。そして、大学側を納得させる志望動機、志望理由を作成します。
 
進学・編入学志望動機(理由)詳細ご説明
   
お客様の声

企業情報など

   
ページのトップへ戻る