文章内容の代筆なら【代筆サービス】

大学院経営学研究科、MBAコース進学
志望動機・志望理由、課題論文の作成支援/代筆

前へ
次へ
トップ > 代筆が可能な文章 > 志望動機(志望動機書) > 進学・編入学 > 大学院経営学研究科、MBAコース

大学院経営学研究科、MBAコースへの進学・入試出願
志望動機、志望理由、課題論文の代筆・作成支援

 

経営学分野でも高まる修士学位保持者へのニーズ

 経済の自由化や国際化が進み、いわゆるMBA、経営学修士や経営管理修士の学位保持者に対する企業ニーズが高まっています。
 金融・財務戦略、M&A戦略などが企業活動の重要な要素となり、入社後に企業内で培う知識や経験だけでは解決不可能な問題が増えた結果、体系的に学んだ高度な専門知識と優れた判断力でそれらに対処できる人材として、MABホルダーが求められているのです。
 そのため、社命を受けて、あるいは志ある社員が自主的に、MBA取得に取り組もうとするケースが増えています。経営学部で学んだ卒業生が、そのまま大学院進学をめざすことも珍しくなくなっています。
  

大量文字数の文章を書かせるのが一般的

 大学側でも、大学院経営学研究科や専門職大学院が、MBA養成のための課程を拡充したり、欧米型のビジネス・スクールを開設したりして、人材を受け入れています。ITの成果を活かした、オンラインによる遠隔学習型のMBA養成コースなども開設されています。
 そうしたMBAコースに入学をめざす際にも志望理由・志望動機や課題論文の提出が求められます。その特徴は、かなり大量の文字数で書くことを要求されるという点です。2000字の文章を3件提出するよう求められるケースもあるようです。
 大学院で学ぶのですから、論文執筆など苦にしているようではいけない訳ですが、専門職大学院では修士論文作成が必須でないなど、どのMBA養成課程でも実務重視の教育が主流になっており、志願者のほうでも論文執筆は得意でないという人が少なくありません。単純な志望動機だけでなく、それまでの業務経験や学習経験、その実績、自分のMBA取得と社業との関連、自己評価などの記載まで求められて、筆が止まってしまう人もあるようです。
  

入学後論文の執筆も可能なスタッフが対応

 代筆サービスではこうした場合の文章作成も、まったく問題なくお受けできます。MBA養成コース入学後に課される論文の作成も可能なスタッフが、大学院側の意図や狙いを正確に把握し、それに適切に応える志望動機・志望理由、課題論文を作成致します。
 
進学・編入学志望動機(理由)詳細ご説明
   
お客様の声

企業情報など

   
ページのトップへ戻る